So-net無料ブログ作成
検索選択

国際ボランティアのこと [日常]

一年前から、プラン・ジャパンのプロジェクトを通じてペルーのコミュニティのサポートに関わっています。チャイルドとの交流もしていて、私が手紙のやりとりをしているのは今年13歳になる女の子です。

プラン・ジャパンは学生時代から関心があって、翻訳ボランティアのお手伝いをしたこともあったけれど、実際自分がサポーターになるのはこれが初めてのことです。
以前は年齢的にもまだまだ自分が未熟な自分が支援をすることにいうことに対し、何だかおこがましいような気がしていました。

考えすぎなんだろうけど、チャイルドの親は30代、40代。
苦労はしていてもそれぞれの場所でしっかり生きている人たちなわけで、そこにちょっとだけ小金を持っている外国人の小娘が「あなたたちの子どものために」という雰囲気を示すことに抵抗があった・・・というのが正直な気持ちです。
そういうわけで、災害などへの一時支援や匿名性のものには参加できても、プラン・ジャパンのように顔を出して継続的に一人の子どもも関わりが続くタイプのプロジェクトとは、ずっと関わりを持たないままでした。

でも、そういう私も、気がつくとチャイルドたちの親御さんと同年代、あるいはそれ以上の年齢。
それにインターネットの発達で海外にいても寄付がしやすくなったこともあって、思い切って去年からペルーの子と関わり始め、そして先日、ベトナムの学校の子どもたちをクラスごと継続支援するというプロジェクト(ガオ村スクールスポンサーシップ)にも申し込みました。

まあ、一人でずっと生きている中、職業(教育関係)とは別の形で「次の世代」というのを考えるようになったというのが正直なところでしょう。

日本語教師というのは、経済的に不安定な人が多い職種です。

私も今はとりあえず仕事があり何とか生きていくこともできるけれど、いずれどうなるかわからないというのも事実です。・・・昨今は何の職業でも同じかもしれませんが。
ペルーの一人の女の子だけじゃなく、ベトナムの学校プロジェクトにも関わり始めちゃって、数年後の私、本当に大丈夫??と一抹の不安もありますが、「責任を負う誰か」を持っていることが、自分の生活や仕事に対する責任にもつながっていくんじゃないかな。。。と思います。いや、つまり、そうありたいんですよね。
(あ、ガオ村は、クラス単位の交流なので、卒業まで見守る形にする予定です)

20代の頃からプラン・ジャパンの活動を行っていたある友人は、一時期世帯の経済状況が非常に悪かった時も支援を途絶えさせることなく続けていました。
そういうのを見ると、顔の見える支援、個人との関係につながる長期支援は、やはり相応の責任を伴うだなと感じます。もちろん、だからと言って、諸事情や自分の考えから支援を中止する人がいたとしても、一概にそれを否定するものではありません。

ペルーの女の子からは時々手紙が来、そして写真が来ます。
手紙や写真はなくてもいいから、その分食糧や医薬品の支援を強化してもいいんじゃないかなと思った時期もあったのですが、知らない国があることを知り、そこに誰かが住んでいることを知り、その人に手紙を書いてみるという経験を一人の女の子がすることの意味。
支援活動には様々な形態があって、こういった関わり方も、それはひとつの大切な試みではないかと思うようになりました。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

アイシス

自分でできるレベルのことをやりたい気持ち、わかります。そしてゆにさんの行動力に感心します。
私も仕事を通じた社会貢献だけじゃなく、次世代(子どもたち)に役立つことをしなければ、という気持ちがここ最近強くなってきています。
ただし、まだ私は個人的にお金を寄付するだけですが~( ̄▽ ̄)
by アイシス (2013-02-12 23:57) 

juni_sachika

>アイシスさま、

ずっと前から気になっていたのですが、やっと行動に至りました(汗)。
直接次世代に関わっていく意味というのを、やはり感じる頃なのかもしれないですね。
今回の活動で得たものは実は私のほうが大きくて、ペルーやベトナムに今までと違う興味が出てきました。
そう考えるとこういった活動は、支援する側こそ育てられるものなのかもしれないですねー。
by juni_sachika (2013-02-13 13:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。