So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

帰国しました [活動]

8月24日、帰国しました。
今、広島にいます。

土砂災害とちょうど前後しての帰国。
実家のあたりは離れていますが、親戚が複数被災しました。
祖母の家のあったあたり、子どもの時の遊び場の山が、変わり果てた姿で連日報道されているのを見ると、何とも言えない憂鬱な気持ちです。

広島暮らし、こんなスタートになってしまいました。
でも、少しずつ、こちらで楽しい時間、いい時間を重ねていきたいと思っています。

北京での三年間、ありがとうございました。


あと一週間 [活動]

さて、あと1週間となりました。

後任も到着し、オフィスの机とPCも片づけました。
でも、帰任日直前まで大きな仕事を抱え、かつ論文原稿を一本抱えているので、今もスーツケースのそばでせっせと作業をしています。

前のハンガリーもそうでしたが、今回の北京でも得たものの多い3年でした。

職場のブログが始まったので、仕事日記は殆どそちらに書いていました。
かつ、職場ー家ー出張先を行ったり来たりという極めて単調な毎日で、この3年はあまり日記を更新しませんでした。

でも、思い出してみると、ささやかな世界の中でたくさんの人に会い、たくさんのことがありました。
同僚や同業の先生方はもちろんのこと、街の人たちのことも、いつかとても懐かしくなると思います。

帰国前に、もう一度ぐらい書けるかな。

明日も仕事、がんばります。

シドニーへ [活動]

7月10日~12日、オーストラリア・シドニーで行われた「シドニー日本語教育世界研究大会2014」に参加してきました。
私は、中国の中等教育についてのパネルに参加。
多くの人に出会い、話をし、意見交換をし、改めて日本語教育や言語教育の世界で頑張っていきたいと思えた3日間でした。
内容詳細は職場のブログに任せますが、こちらのブログでは、個人的なことを少し。

中国に赴任して、間もなくまる3年。
出張が多く、プライベートでまで飛行機に乗りたくないという気持ちもあって、全く個人旅行をしないままに3年間が過ぎました。
もちろん、中国と日本以外の国に行くこともゼロ。
その中で、出張とはいえ、本当に久しぶりに遠くに行って、改めて自分にとって、遠くに行くことが必要なのだと思い知らされました。
違う国・違う場所で、言葉が違う、空気が違う、雰囲気が違う。それによるリセット感、解放感って、大きいです。

シドニーでは自由時間も殆どなく、会場からさほど離れていないオペラハウスも夜慌てて見に行ったぐらいですが、たまたま帰りの飛行機が24時間!の遅延。
突然時間ができたので、昼のオペラハウスを見にもう一度行ってきました。

以前は全く興味のなかったオペラハウスですが、本物は夜も昼も真珠のように輝いて、とても美しい建築物でした。

写真は、夜と昼のオペラハウスそれぞれです。

operahouse1.JPG

operahouse2.JPG

誕生日と寄付 [活動]

誕生日は、ごくごく普通の一日でした。

ちょうど引っ越しでいろいろ片づけていることもあり、ほしい物もすぐに思いつかなかったので、以下のサイトからそれぞれ寄付をしました。

●プラン・ジャパンの「プラン一般プロジェクト」 http://www.plan-japan.org/
私はここを通じて、ペルーの女の子とベトナムの学校に関わっています。
プラン・ジャパンでよく知られているのは、子どもたちとの交流のある「スポンサーシップ」ですが、今回の「一般プロジェクト」は回数・金額ともに自由、つまり一回のみでも可です。
募金先は自分で選べますが、私は選びきれなかったので「事務局に任せる」を選びました。

●復興市場 http://fukkoichiba.com/
時々ですが、関わらせてもらっています。
「支援物資を被災地のお店から購入して被災者へ届ける通販サイト、支援物資のオンラインショップ」です。
震災の翌年冬には必要物資としてストーブがたくさん出ていて、「早く必要数に達しますように」と祈るような気持ちでサイトを見ていました。
今は、漁業再開のための道具が目立ちます。

●日本赤十字社 2014年バルカン半島洪水支援金 http://www.jrc.or.jp/
セルビア及びボスニア・ヘルツェゴヴィナが対象です。
ハンガリー赴任中、セルビアもボスニア・ヘルツェゴヴィナも事務所の管轄で、先生方との交流の機会もありました。特にセルビアは、日本語教育が盛んな場所です。
そしてそのセルビアからは、東日本の震災の時には、ヨーロッパで最も多額の義捐金が寄せられたそうです。人口もけして多いわけではなく、平均的な月給が200~400ユーロ(25000円~50000円程度)という国ですよ…。

セルビアとボスニア・ヘルツェゴヴィナに行った時の記録は、こちらにあります。
●セルビア http://juni.blog.so-net.ne.jp/2011-01-17
●ボスニア・ヘルツェゴヴィナ http://juni.blog.so-net.ne.jp/2009-10-31
この頃はかなりいろいろなところに行ったり、日記をつけたりしていますね。私の大好きなバルカンの記録です。


寄付といっても微々たるものですし、ここに書くのも恥ずかしいほどですが、少しでもお役に立てばと思っています。


誕生日 [日常]

6月24日、誕生日です。

これからの1年が、いい1年でありますように。

北京での残りの2か月と、日本に帰ってからの新しい日々も、充実したものとなりますように。



雨のち虹 [中国]

滅多に雨の降らない北京ですが、夏は時には雨が降ります。
日本が土砂降りだったという今日、北京も大雨。
その後、空がこんな姿になっていました。

machi1.JPG

きれいです。

そして、ふと見ると虹が。
向こう側の建物はCCTV。中国中央電視台です。
北京で虹を見られるなんて、思ってもみませんでした。

machi2.JPG

空がきれいな時の北京は、北国らしくてさわやかで、いいところです。

これからも、ずっとこんな天気だったらいいなあ。



端午の節句 [中国]

本日、6月3日は旧暦の端午節。
中国では、数年前からお休みです。

仕事で慌ただしかったので、今回は季節感を感じることもあまりないまま気がつくとお休み突入。
慌てて、近所のパン屋で粽を買ってきました。

chimaki.JPG

日本で粽は甘いお団子ですが、中国ではもち米を葉っぱでくるんで蒸した(ゆでた?)食べ物。
お肉入り、ナツメ入りなど種類もいろいろ、私は今回は牛肉入りと鶏肉入りを買ってきました。
スーパーでも、パン屋でも、スタバでも、とにかく至るところで粽を売っています。
贈答用の豪華粽セットもたくさんです。

「塩漬け卵入り」を食べそこなったので残念。
日本でも手に入るかな?




5月はバラ [中国]

3月、4月と花を載せたので、5月も花を載せてみることにしました。

rose.JPG

こちら、街中で見つけたバラです。

バラって、実は中国が原産地のようです。雲南・四川あたりとのこと。

ここから雲南は遠いけど、道端にもバラ、車道にもバラ。
北京でも、バラは愛されている花のよう。

この無造作な感じがいいのですよね。


お花見 [日常]

ohanami.JPG

土日も仕事が多い日々。
でも、清明節は三連休となりました。

行ってきたのは、桜で有名な玉泉譚公園。

今年は暖かいのかソメイヨシノは散っていましたが、八重桜・山桜が満開。北国らしくジャスミンも満開で、いい一日でした。

それにしても、人多いなあ。

nice!(0)  コメント(0) 

北京の春 [日常]

北京にも春が来ました。

3月半ばに「暖気」(集中暖房)が終了。例年、その後はとても寒いのですが、今年は暖かく、気持ちのいい日々が続いています。

haru.JPG

オフィス街も、木の芽や花がいっぱい。

日も長くなってきました。
春、やはりいい季節です。


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。