So-net無料ブログ作成
わたしについて ブログトップ

私が日本語教師になったわけ [わたしについて]

「みんなでブログを書こう!第1回(私が日本語教師になったわけ)」という企画があると教えてもらったけど、残念、ここからはうまくアクセスできません。
それに春節明けのバタバタが重なって、気がつくと期間の1月29日を過ぎてしまっていました。(とほほ)

でも、せっかくなのでこの機会にちょっと思い出してみました。私が日本語教師になったわけ。

これは、分野に対する関心と、生活面での必然性と、いろんなものがごた混ぜになっている気がします。

ブログの中で過去に書いたこともあるかもしれないけれど、私のもともとの専攻はドイツ語と現代史です。
能がないのを痛感しつつ、この分野に20代後半までしがみついていました。
しがみついているうちに、こりゃもうダメだ、と思いました。歴史もドイツ語も好きだけど、私はここでは生きていけない。力がない。わかっていない。そして、苦しい。
そうしているうちに、当時扱っていた「移民の社会史」や「移民子弟への言語教育」が、だんだんドイツという枠に収まりきれなくなってきました。
何せテーマは「移民」なので、「オーストリアのチェコ人」とか「ロシアのドイツ人」とかだんだんこんがらがってくるんですね。しかも自分自身の近親にわんさかいる「日系アメリカ人」とか「大陸帰りの人」の問題にまで広がってきて、ますます自分自身の研究(もどき)の視点もブレてきて、これはもう、すぱっと新しい視点に切り替えたほうがいいんじゃないかな、と思うようになりました。

思い切るまでは時間がかかりました。「これは単に自分が苦しいことから逃避しようとしているだけなんじゃないかな」とも思いました。
そんな中、当時の専門以外の視点から、ドイツとイタリアに(調査という名の)旅に出る機会をいただいたり、ちょうど日本に来た日系アメリカ人のハトコと会ったりして、「やっぱり変わってみよう」と決めました。
20代も終わりになっていました。

その年齢なわけだから、最初からもう「何が何でもこれで生計を立てていかなければいけない」と、とにかく必死でした。
一度がんばってみたことをやめたんだから、次はもうやめるわけにはいきません。
大学を出てきっちり就職した友人たちは、もうしっかり地に足のついた人生を歩んでいる。
なので、「いい授業ができるようになりたい」「学生との交流を楽しみたい」という気持ちはもちろんですが、わりと最初から、30代にふさわしい・30代ならではの視点や立場や発想を意識して走ってきたような気がします。何をもって30代にふさわしいというかについては、主観的なものだったんでしょうけどね。

まあ、おかげでマネージメントの経験も早くからできましたし、結果的にはよかったのですが、20代前半からこの道に入って、学生たちと友達のようにわいわい楽しむという経験はあまりしていないので、残念といえば残念です。
そういう時期を経ていたら、何が見えていたかなあと時々思います。

というと、なんだか「気がつくと何故か」のような感じですが、他の可能性もあった中で言語教育を選んだのは、やはりこの分野に関心があったからだと思っています。
同じ顔をしているのに日本語がわからないおじさん・おばさんに会った時の不思議さとか、自分自身も英語の勉強が好きだったこととか、短期留学先のウィーンで絶対プロではない先生に会って「ドイツ語だけでドイツ語を習うと効果があるってほんまか??」と真剣に思ったこととか、ドイツ語教師になっても絶対ネイティブにはかなわないんだろうなあという虚しさとか、下手の横好きで自分はどうして全然話せるようにならないんだろうと悩んだこととか、<言語>と<教育>に関する記憶はいちいち自分の中で鮮明です。

自分自身の関心にも、やはり連続性を感じます。
修論は結果的には違うテーマにしましたが、もともと書こうとしていたのは「移民子弟対象の民族学校における言語教育のカリキュラム」ということ。
カリキュラムは人々が社会をどうとらえ、何に価値を見出し、人をどう育てて次の社会を生み出していこうとしているかを反映したもの。そのように考えていたんですね。

なーんだ、今と基本的に関心の向きは同じ。カリキュラム論。コースデザイン。社会の中での教育のとらえかた、みたいなもの。もちろん、歴史と言語教育の視点の違いはありますが。

他にも、Germanistikのような世界に片足を突っ込んでいたので、日本学や日本研究に心惹かれるという点はありますが、これはちょっと難しい問題です。またいつか。

「わたしについて」というカテゴリーをつくりつつ、今まで何もアップしていたのが、今回初記事となりました。
香港のぱんちょさん、それから教えてくださったmurakamiさん、ありがとうございました。

わたしについて ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。