So-net無料ブログ作成

けんこう [日常]

旧正月、三が日が終わって今日は旧暦一月四日。

朝起きたら、身体が軽い。すっきり。気持ちも軽い。

健康って大切。がんばろー。



外国にいる [日常]

春節休みなので、たまには仕事以外のことを書きます。

外国暮らしがスタートして、今年で10年。
間に少し日本に帰っていた時期もあったけれど、ほぼ連続して3か国4地域で生活したことになります。

異国にいて面白いなと思うのは、意外な物に身近に接することが多い中で、「あれ、自分ってこういうことに興味があったんだ」とか「こういう物が好きになれたんだ」という、新たな発見があること。

ヘレンドのような洋食器、それから民芸雑貨や骨董品が好きになれたのはハンガリーと中東欧地域のおかげだし(ハンガリーの民芸品については過去の日記をどうぞ→こちら)、サウナに入る楽しみを覚えたのは成都のアパートがしょっちゅう断水していたおかげです。そのまま温泉大国ハンガリーへ行けたのも、ご縁というものでしょう。
最初に住んだドイツは海の近くの小さい街で、灯台や運河、そして砂浜や荒れ地や空や風の美しさにいつも感動してたな。

まあ、こういう感動は、生活してなくても<旅>でもできるわけなんですよね。
旅先ではリセット状態で好奇心いっぱいに動くので、意外な自分に気づくことがあります。
例えば私の場合、現代美術とナイーブアートに目覚めたのは旅先でです。

それなのに、ハンガリーに行った頃から、海外に住んでいても「仕事以外は引きこもり」という状態がだんだん増えてきました。
特に北京に来てからは、全くひどいものです。

それは多分、10年間海外出ずっぱり生活の中で、海外生活が自分にとって否応なしに日常のものになっていき、今後の人生のこととか自分の今のこととかいろいろ考えざるをえなくなり、「限られた海外時間を楽しもー!」と、はしゃいでばかりいられない。プライベートも仕事に関わることをしたり、勉強をしたり、本を読んだり、情報を集めたり、頭の中で日々のことを整理したり、あるいは思い切り身体を休めたり、そんな風にならざるをえなくなってきたのではないかと思います。
家で静かに本を読んだり片づけたりしているのが大好き、という性格もあるんでしょうね。

だけどやはりその中にあっても、好きなもの、好きなことや少しずつ出会う可能性はあるわけで、そういうささやかな時間や物との出会いは大切にしたいと思っています。


国際ボランティアのこと [日常]

一年前から、プラン・ジャパンのプロジェクトを通じてペルーのコミュニティのサポートに関わっています。チャイルドとの交流もしていて、私が手紙のやりとりをしているのは今年13歳になる女の子です。

プラン・ジャパンは学生時代から関心があって、翻訳ボランティアのお手伝いをしたこともあったけれど、実際自分がサポーターになるのはこれが初めてのことです。
以前は年齢的にもまだまだ自分が未熟な自分が支援をすることにいうことに対し、何だかおこがましいような気がしていました。

考えすぎなんだろうけど、チャイルドの親は30代、40代。
苦労はしていてもそれぞれの場所でしっかり生きている人たちなわけで、そこにちょっとだけ小金を持っている外国人の小娘が「あなたたちの子どものために」という雰囲気を示すことに抵抗があった・・・というのが正直な気持ちです。
そういうわけで、災害などへの一時支援や匿名性のものには参加できても、プラン・ジャパンのように顔を出して継続的に一人の子どもも関わりが続くタイプのプロジェクトとは、ずっと関わりを持たないままでした。

でも、そういう私も、気がつくとチャイルドたちの親御さんと同年代、あるいはそれ以上の年齢。
それにインターネットの発達で海外にいても寄付がしやすくなったこともあって、思い切って去年からペルーの子と関わり始め、そして先日、ベトナムの学校の子どもたちをクラスごと継続支援するというプロジェクト(ガオ村スクールスポンサーシップ)にも申し込みました。

まあ、一人でずっと生きている中、職業(教育関係)とは別の形で「次の世代」というのを考えるようになったというのが正直なところでしょう。

日本語教師というのは、経済的に不安定な人が多い職種です。

私も今はとりあえず仕事があり何とか生きていくこともできるけれど、いずれどうなるかわからないというのも事実です。・・・昨今は何の職業でも同じかもしれませんが。
ペルーの一人の女の子だけじゃなく、ベトナムの学校プロジェクトにも関わり始めちゃって、数年後の私、本当に大丈夫??と一抹の不安もありますが、「責任を負う誰か」を持っていることが、自分の生活や仕事に対する責任にもつながっていくんじゃないかな。。。と思います。いや、つまり、そうありたいんですよね。
(あ、ガオ村は、クラス単位の交流なので、卒業まで見守る形にする予定です)

20代の頃からプラン・ジャパンの活動を行っていたある友人は、一時期世帯の経済状況が非常に悪かった時も支援を途絶えさせることなく続けていました。
そういうのを見ると、顔の見える支援、個人との関係につながる長期支援は、やはり相応の責任を伴うだなと感じます。もちろん、だからと言って、諸事情や自分の考えから支援を中止する人がいたとしても、一概にそれを否定するものではありません。

ペルーの女の子からは時々手紙が来、そして写真が来ます。
手紙や写真はなくてもいいから、その分食糧や医薬品の支援を強化してもいいんじゃないかなと思った時期もあったのですが、知らない国があることを知り、そこに誰かが住んでいることを知り、その人に手紙を書いてみるという経験を一人の女の子がすることの意味。
支援活動には様々な形態があって、こういった関わり方も、それはひとつの大切な試みではないかと思うようになりました。

春節快楽! [日常]

旧正月こと春節でも2013年が明けました。春節快楽!

教育関係とはいっても私は事務所勤めなので、大学のようなまとまった夏休みや冬休みはありません。それでも春節などで連休が入るのは嬉しいものです。

中国の年越しといえば、やはり花火と爆竹。
私の住んでいるマンションの前でも一般道路の真ん中に人が集まって、ばんばん花火があげられている・・・。
どう考えても個人があげるレベルじゃないような、本格的な打ち上げ花火もあがっています。そして、その横を当たり前のように走り抜けていく車たち。

特に0時を迎えた瞬間は、あっちでもこっちでも見事な花火。
マンションの窓から花火大会を見るのは、なかなか贅沢な気持ちです。しかも、目の前。

さて、改めて心機一転といきたいところですが、ここ10日ほど何となくおかしかった体調が本格的に悪化し、大晦日の日一日は大変なことになっていました。
北京風に餃子を食べたいと思っていたのが、ヨーグルトとスムーシーで一日を過ごしました。残念。

まだ完治していないので、気を付けます。

やはり2013年の一年の計は、「健康第一」にします。
改めまして、今年もよろしく。


大晦日 [日常]

大晦日だから蕎麦ぐらい食べたいなと思って、奮発して外国食品を置いているスーパーで日本蕎麦を購入。
計画を練るうちに、今まで過ごしたいろんな場所の大晦日が思い出されてくる。

北ドイツ、中国・四川、ハンガリー、そして北京と、外国で過ごすのは今が3か国4か所目。
チュニジア人の女の子と仲良くなって、一緒に花火を見に行った北ドイツの大晦日。
「鯉を食べる」と教えてくれた、ドイツのギムナジウムの生徒。それから、ラクレット・パーティーを企画してくれた友人。
ハンガリーではソーセージ(長いから!)を食べると聞いて、おいし~いハンガリー・シャンパンと合わせて買いに行ったり。

で、思い出しているうちに、蕎麦の他にソーセージもついつい買ってしまったし、鯉はさすがに手に入らないけど冷凍魚も買ってしまった。なかなか贅沢気分です。

大切にされている行事や習慣。
その中で過ごしてきた、時間や思い出。
そういうのを、ちょっとずつ思い出してみていくのも悪くないかもしれない。

初めての外国暮らしの場所、北ドイツのあの小さい街に住んでいたのなんて、もう10年も前。
10年、全然行ってないけど、みんな、元気かな。

風邪ひいた [日常]

(肩こりを除けば)かなり丈夫な身体を自覚してはいるけれど、人間なので時には病気になる。

だいたいその頻度は、3年に1回とか多くても2回とか、そのぐらい。
滅多にやられないけれど、やられるとちょっとしつこい。わかっているからなるべく疲れをためないように気をつけていて、それでもやられる時はやられる。
分析してみると、数か月から一年単位単位の緊張状態が長く続いて、ひょっとそれが落ち着いた時にやられる、らしい。

だから、これが出た時は、逆に自分が自分に戻っていく前兆という感じで、悪いものではない気がするのだけれど、でも風邪は風邪。

今回は(多分)熱も出なかったし、仕事に穴をあけることもなかったけど、あんまりいい感じじゃない。

もう殆ど回復したように思っても、体力が落ちているというか、ちょっと歩くと眩暈や動悸がして休みたくなったり、何時間か起きていると疲れて横になりたくなる。
本当に調子が出るまで、多分これが数日は続くんだろうなー。人間も長くやっていると、自分との付き合い方も心得てくるものです。

ちょうど中国は清明節の連休。
外は花も咲き始めてきれいなのに、うつらうつらして過ごすことになりそう。
あ、でも、連休明けに研修生にやってもらう課題考えなきゃなー。うーむ。

ひっこし [日常]

明日はお引っ越し。
新居ではインターネットがまだできないので、しばらくは静かに過ごす予定。

約一カ月過ごしたウィークリーマンション。
地上20階の1DK。結構気に入っていました。
これでちゃんとした机があれば、もうちょっとここでもいいかなと思ってみたり。

でも、この一カ月は北京なのに殆ど原稿書きで終わってしまい、しかも納得できない状態なので後味悪く、何だかいやな状態での引っ越し前夜、最後の夜。

でも、必死で「書こう」「書く」(書けないのに・・・)という気持ちでやっていたのはウソではないので、そんな一カ月もあっていいかも・・・といつか思えるのかな。(どうかな)
その時は、この部屋の風景をきっと思い出すのかな。

少し落ち着いたので、新居ではちょっと真面目に中国語を勉強して、それからようやく北京探索を開始したいと思います。

では、ネットが接続する日まで~。


高いところが好き [日常]

北京に来て、二週目終了。
ちょうど中秋節の三連休なので、すこーし自分を取り戻す時間にしたいと思っています。

今のところ、とても元気。
今回はゼロからの家探しだったので心配もありましたが、いろんな家を見るのは楽しい。わくわく。
そして、晴れて家探し二日目にして住居決定。契約も済ませ、近々入居予定です。

ブダペストの家もわりと気に入ってたんだけど、実はひとつだけ不満が。中庭のある家がよかったなあと。 ←わがまま
今回は間取りだけじゃなく、建物全体の雰囲気が気に入ったので楽しみです。

今はウィークリーマンションで仮住まい。
20階。

高いところに住むのは初めてですが、なかなかいいですね。
なにしろ、空が近い。
向かいに何もないので、視界が広い。カーテンもあけっぱなしにできて、解放感あり。
夜、街のビルの明かりとか、眼下の道を人がたくさん歩いている様子が見えて、広々して、気持ちがいい。
朝起きて最初に見えるのが何もない空、というのもとても嬉しい。(青空だったらもっと嬉しいけど、よしとしよう)

・・・まあ、地震が(多分)少ないというのも、高いところに安心して住める理由ですよね。

新居ではどんな生活か。今から楽しみです。



北京到着 [日常]

25日木曜日、北京に到着しました。

ヨーロッパ(それも直行便がない国!)に慣れた身体には、時差も少なく、飛行機に乗っている時間も短く、したがって殆ど疲れることもなく、あれよあれよという間に北京に着いてしまい、何だかとても不思議な感じがしました。

実は北京は全く初めて。
大都会に適応できるかと不安でしたが、今のところ何とか大丈夫そうです。(あ、でも物価は思った以上に高いですねえ)
高層ビルが立ち並ぶオフィス街、高給ブランドショップがZらりと並ぶ地下街、外国人向けの高級スーパーやセブンイレブン。
一方で売り子さんがガンガン話しかけてくるおみやげセンターや、素朴な雰囲気の裏道、そしてもちろん三輪車と、いろんな顔のある街のようです。大使館が並ぶ区画も緑豊かで静かで、とてもいい雰囲気。

到着して次の日は朝から出勤。
土曜日は家さがしとさっそく研修(!)、日曜日はまるまるオフだったので、とりあえずスーパーを探して街をぐるぐるっと歩き、ついでに公園で散歩したりもしてみました。

まだまだ北京料理がよくわからず、三日で二回も四川料理の食堂に入り、懐かしの四川語の中でご飯を食べていました。
お店の人には二日目には早くも顔を覚えられ、
「あら、中国語がわかるのねえ(サバイバルレベルなんですが・・・)。いいわねえ」
というおばちゃんに、これまた懐かしの成都の日々を思い出しました。
早く北京ご飯の種類も覚えよう。

そんな感じに元気に過ごしています。

そういえば、ロシア語がやたら氾濫している不思議な一角を発見・・・。
ロシア・東欧チームの皆さん、北京はいかがですか???
ロシア語わかればまずは生きていけそうですよ~。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。